第77回総会

2006/05/26

第77回特定非営利活動法人 日本医学図書館協会総会(2006年度)

本総会は終了しました

日程

平成18年5月25日(木)~26日(金)

会場

名古屋市;ウィルあいち(名古屋市東区上竪杉町1番地)

開催地区

東海

代表機関

藤田学園医学・保健衛生学図書館

総会報告

5月25日(木)
10:00~16:00 館長・司書会議

基調講演 「NPO法人としての日本医学図書館協会の今後に期待する」
NPO法人日本医学図書館協会会長 清水英佑
プレゼンテーション資料
要旨は「医学図書館」誌53巻3号(2006)に掲載

パネルディスカッション 「JMLAの新しい展開」
座長:防衛医科大学校図書館長 岡本天晴
「公共図書館からJMLAへの提言 -一般市民の視点から-」
愛知県図書館サービス課課長補佐 仲井敏夫
抄録

「国立ライフサイエンス情報センター(仮称)設立構想 -経緯と当面の事業および将来構想-」
JMLA総務担当理事 木村 博
抄録 プレゼンテーション資料

「学術雑誌をめぐる諸問題 -重複雑誌交換、分担購入、電子ジャーナル・コンソーシアムの活動-」
JMLA総務担当理事 北川正路
抄録 プレゼンテーション資料

「ヘルスサイエンス情報専門員認定制度-専門職制度の確立に向けて」
JMLA専務理事 殿崎正明
抄録 プレゼンテーション資料

5月26日(金)
10:00~12:30 総会

1.開会式
(総合司会: 藤田学園医学・保健衛生学図書館課長代理 真野康由)
地区代表機関長挨拶
会長挨拶
来賓挨拶(文部科学省、日本薬学図書館協議会、韓国医学図書館協議会、中国高等院校医薬図書館協会)

2.奨励賞授与式
受賞者 岡田英孝氏(東医)、諏訪部直子氏(杏林)
選考結果

3.議長選任
定款32条に基づき、あらかじめ清水会長より原田信広 藤田学園医学・保健衛生学図書館長が指名された。

4.定足数確認
出席者116名、委任状提出6名。会員総数は199名であり、定款第33条で定められた3分の1以上の出席を持って総会は成立した。

5.審議事項

1)平成17年度事業報告について各担当理事から報告があり、承認された。
平成17年度事業報告

2)平成17年度決算について財政担当の木村理事から報告があり、承認された。
平成17年度決算報告書

3)平成18年度事業計画(案)について各担当理事から提案があり、承認された。
平成18年度事業計画(案)

4)平成18年度予算(案)について財政担当の北川理事から提案があり、承認された。なお、審議の際、財政基盤確立に向けた検討が必要であるとの指摘がなされた。
平成18年度予算(案)

5)役員選挙について、宮内選挙管理委員長から新任投票を行うことが提案され、了承された。また、候補者のうち、山田久夫氏が会長候補として推薦された。信任投票の結果、会長1名、理事10名、監事1名の候補者全員が役員として選任された。

14:00~16:30 分科会

1)医学情報の一般への提供-国立ライフサイエンス情報センター構想を視野に入れて-
司会:磯野 威(国立保健医療科学研究情報センター)

2)学術雑誌をめぐる諸問題-情報流通の現状と対応を探る-
司会:市古みどり(慶應義塾大学信濃町メディアセンター)

3)図書館サービスと著作権-法の改正と業務のあり方をめぐって-
司会:高田宜美(国際医学情報センター)

4)医学図書館の業務委託-専門性、形態等からその是非を問う-
司会:成田俊行(埼玉県立がんセンター図書館)

■開催のご案内 (pdf/27.7kb)

■プログラム(第2報) (pdf/15.4kb)

■分科会 (pdf/19.4kb)

■宿泊施設案内 (pdf/26.8kb)

参加申込書(正会員AB用)ダウンロード (doc/35.5kb)

■総会研修会参加案内 (pdf/9.7kb)

■総会研修会プログラム (pdf/37.4kb)

総会研修会参加申込書ダウンロード (doc/26.5kb)

 

更新日:2007.2.14