JMLA概要 紹介

2021/01/19

特定非営利活動法人日本医学図書館協会(JMLA:Japan Medical Library Association)は、1927年(昭和2年)に創立された「官立医科大学附属図書館協議会」に端を発する協会で、その後、国公私立の医学・歯学・健康科学・生命科学領域の専門図書館が入会し活発な活動をおこなってきました。個人会員制の導入により、幅広い方々の参加も期待しています。また、2003年(平成15年)には特定非営利活動法人となっています。

JMLAは、保健・医療とその関連領域の図書館事業の振興ならびに情報の流通に関する調査・研究および開発を推進することによって、図書館を利用するものがより広く高度の知識を習得できる環境を整え、そのことにより、保健・医療・関連領域の進歩発展に寄与することを目的としています。

会員館間や関連団体との相互協力活動、図書資料の共同購入事業、機関誌等の刊行物発行事業のほか、研究会・研修会開催、協会賞・奨励賞表彰、奨学制度、「ヘルスサイエンス情報専門員」認定制度などにより、専門的知識・技能および管理調整能力を持つ医学図書館員の育成にも力を注いでいます。

また、近年では国立国会図書館への国内医学雑誌寄贈、日本医書出版協会との定期的な懇談など、他団体と幅広い連携をとり、医学情報サービスの発展に努めています。

JMLA概要 会長のあいさつ

2021/01/16

日本医学図書館協会は、その前身である『官立医科大学附属図書館協議会』が第1回総会を昭和2年(1927年)11月に開催して以来、国公私立の医学、歯学、健康科学、生命科学領域の専門図書館の加盟のもと、90年以上にわたって、活発な活動を続けてまいりました。その存立目的は、保健・医療その他の関連領域の「図書館事業の振興」と「情報の流通に関する調査、研究、開発の推進」とされていて、最近の数十年間はInformation Technology、電子媒体による医学・健康情報への対応という、パラダイムの変容が起こりました。

私は2011年に本協会の会長に就任以来、今年で10年目になります。この間、坪内政義前専務理事、河合富士美現専務理事のリーダーシップのもと、東日本大震災時の被災地域への「文献無料提供活動」の実施、国際交流委員会を設置した上でのMLA(米国医学図書館協会)およびKMLA(韓国医学図書館協議会)との連携強化、90周年記念総会の開催、昨年来のCOVID-19への対応等、医学・医療・健康に関わる情報を、それらを必要とする人々に迅速に提供すべく、適切に運営されてきております。

2027年の本協会創立100周年に向けて、今後とも更なる発展を遂げられるよう、最大限の努力を惜しみません。関係するすべての皆様方のご協力、ご尽力を賜れますよう、引き続きよろしくお願い申し上げます。

令和3年(2021年)1月

日本医学図書館協会
会長 福井次矢

JMLA概要 目的・事業

2020/11/04

目的(定款第3条)

本会は、保健・医療その他関連領域の図書館事業の振興ならびに情報の流通に関する調査、研究及び開発を推進することによって、図書館を利用するものがより広く、高度の知識を習得できるようにし、もって保健・医療その他関連領域の進歩発展に寄与することを目的とする。

事業(定款第5条より)