研究会・継続教育 第19回

2012/11/07

第19回医学図書館研究会・継続教育コース

テーマ: 「ILB360 ~医学系図書館 360度指向型サービス~」

プログラム

期  日  平成24年11月5日(月)~7日(水)
会  場  東京医科歯科大学
〒113-8510 東京都文京区湯島1-545
http://www.tmd.ac.jp/outline/campus-map/

(湯島キャンパス M&Dタワー)
主  催 特定非営利活動法人 日本医学図書館協会
協  賛 日本薬学図書館協議会
参加資格 特に問いません
申込期限 10月5日(金)

この集会は、「研究会」と「継続教育コース」の二つを続けて開催します。研究会は、日頃の調査、研究成果の発表とディスカッション、継続教育コースは、専門職として必要な技術の習得を目的としています。
研究会のみ、継続教育コースひとつのみの参加も可能です。

1.医学図書館研究会

◆11月5日(月)
12:30 開場・受付
13:15~14:30
1.原爆投下以前の長崎医科大学附属図書館
松村悠子(長崎大学附属図書館医学分館)
2.東京女子医科大学学術リポジトリTwinkleの構築と運用
野田久愛(東京女子医科大学図書館)
3.XooNIps(ズーニプス)を利用した東邦大学学術リポジトリの構築
黛崇仁(東邦大学習志野メディアセンター)
14:45~16:20
4.奈良県立医科大学附属図書館におけるTwitterによる情報発信
森三紗(奈良県立医科大学附属図書館)
5.タブレット型コンピュータを使った図書館サービスの検討
-図書館委員を対象にしたテスト結果報告-
古関美津子、大崎泉(東京慈恵会医科大学学術センター)
6.文献管理ツールの広報計画:ツールの選び方から活用まで
田口宣行(埼玉医科大学附属図書館)
7.病院図書室における医療スタッフへの文献検索セミナー事例
佐藤正恵(千葉県済生会習志野病院図書室)
16:30~17:00 東京医科歯科大学図書館見学
17:30~ 交流会  東京医科歯科大学 16階 オークラカフェ&レストラン メディコ
ホテルオークラの料理とスカイツリー夜景を楽しめます

◆11月6日(火)
9:00 開場・受付
9:30~10:45
8.図書館員を中心としたEBMワークショップ開催について
山下ユミ(京都府立医科大学附属図書館)
9.診療ガイドライン作成支援に必要な図書館員の能力と教育プログラム
-JMLAの委員会活動と文献検索講習上級編-
小嶋智美(JMLA受託事業委員会 診療ガイドラインWG)
10.再現率からみたEBM診療ガイドライン作成における文献検索の性能
山口直比古(東邦大学佐倉病院図書室)
11:00~11:45
11.日本医科大学図書館におけるILLキャンセル事例の検討
大谷有意(日本医科大学図書館)
12.事例報告 卒業生に対する図書館サービスの実施
-文献複写送付サービスを中心に-
能勢春奈(日本歯科大学生命歯学部図書館)
11:45~12:00 閉会

2.継続教育コース

コース1 テーマ:「医師と看護師の研究活動を知る」
◆11月6日(火)
13:15 受付
13:40~14:00
前座:NEJMなど臨床医学雑誌について
平輪麻里子(東邦大学医学メディアセンター)
14:00~15:00
演題 「ニューイングランドジャーナルも夢じゃない-臨床研究最前線」
講師:上村直実氏 (国立国際医療研究センター国府台病院長)
15:15~16:45
演題 「看護師の学術情報利用における潜在的な情報ニーズ」
講師:富田美加氏 (茨城県立医療大学保健医療学部看護学科准教授 )
16:45 終了証書授与
17:00 終了
【ピロリ菌の世界的な研究者であり国立国際医療研究センター国府台病院長として、臨床研究の活性化に力を注いでおられる上村直実先生と、看護界と図書館情報学の両方に詳し い富田美加先生のご講演です。】コース2  文献検索演習 中級編 医中誌とPubMed
テーマ:「SGK24(質問を吟味して検索スキルを高めよう!平成24年度版)」
◆11月7日(水)
9:00 受付
9:30~10:50
医中誌Web:講師 笹谷裕子氏(杏林大学医学図書館)
11:05~12:45
PubMed:講師 園原麻里氏(慶應義塾大学信濃町メディアセンター)
12:45 修了証書授与
13:00 終了

———————
実行委員
平輪 麻里子 東邦大学医学メディアセンター(委員長)
上條 庸子  女子栄養大学図書館(事務局)
石井 保志  東京医科歯科大学図書館情報メディア機構(会計)
:8月1日より委員交代いたしました
高橋 成美  国立国際医療研究センター図書館(書記)